読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つるさんのなんか、あれだよ。

今日あったこととか、思ったことの報告

ちゃんと生きてるようなそんな気分になったんだ

こんにちは。つるです。

わけあって少しの間ニートをすると決めたのでひとまず1ヶ月くらい毎日更新することを目標にブログ書いてみたいと思います。

 

気づいたら寝てて今何時かわかんないみたいな生活になりそうなので、自分が何をしたかの記録を淡々としていく予定。

読んでくださる方のひまつぶしになれるように頑張ってみます。

 

突然ですが朝の歌を紹介します。

一日のできごとがなさすぎて記事のボリュームがなさすぎたので

今日は感想文にしたいと思います。しょっぱなからすみません。

 

お題「冬の朝」

昔から早起きは苦手です。

最近は夜遅くまで起きているのも苦手です。

勝手に閉じようとするまぶたと戦いながらこのブログを書いています。

 

シュリスペイロフ/朝ごはん

早起きはきらい。

でも、朝の時間はとてもすき。

冬の朝は特に静かで、空気も澄んでいて。特別な感じがする。

ふとんのありがたみも感じるし。

 

www.youtube.com

 

<歌詞>

台所は朝の光に包まれていた

朝ごはん食べたくて冷蔵庫を開けた途端

ちゃんと生きてるようなそんな気分になったんだ

ちゃんと生きてるようなそんな気分になったんだ

 

それで昨日の気分もチャラになればいい

 

テレビのニュースさまざまなできごと

同じこと何度も繰り返してる人たち

とかくこの世界はいろんなものが混ざっていて

テーブルで冷めていく茶色く濁った味噌汁みたいだよ

冷たくなる前に飲み干した

 

君は涙こぼす僕たちのできごと

同じこと何度も繰り返してる気がした

とかくこの世界は自由なようでそうでもない

僕たちの世界は自由なようでそうでもない

 

君が笑ってられるようにしよう

 

僕ら笑ってられる普通の日々を

 

 

どんなに落ち込んで吐くんじゃないかってくらい泣いても

しばらくしたら陽が昇って、涙も止まっていて

すこしのどが渇いている。

 

どんなに幸せでもう死んでもいいと思うくらい笑っても

しばらくしたらいつもどおりの顔で仕事したり勉強したりして

なにか食べたいなって思う。

 

そうやって、自分の気持ちとか身体には関係なく朝が来て

朝の時間をちゃんと過ごすこが

「ちゃんと生きてる」ってことなんだ。

 

いろいろあるけど、笑ってられるといいよね。

君も、僕も、笑ってられるようにするよ。

ちゃんと生きていくよ。っていう曲だと思っている。

 

朝、目覚ましの通りに起きてごはんを食べて

昨日の嫌な気分は「まあいっか。」って思える人がいちばんすごい。

 

いちばんすごい人になるために

今日はもう寝ます。

 

こんな感じでまとまりをあまり気にしないで

振り返らずに書いていく予定です。

ここまで読んでくださってありがとうございます。 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

愛をこめて。

 

今週のお題「朝ごはん」